トップページ

観察会のご案内

行事報告 記事

SSN紹介

総会・記念行事

第349回 昭和の森自然観察会
今日から始めよう!バードウォチング
日 時 2021年1月10日(日)10:00~12:00
参加者 大人19名 子ども1名  指導員7名 他1名  計28
担当指導員 坂本 木下 和仁
報 告 梅宮玲子(市原市)
  千葉県の緊急事態宣言の直後なので、自然観察会が本当にできるのか、直前まで半信半疑でしたが、当日は快晴。観察会を実施することになりました。三密を避け、ルートも下田池まで3班にわけて開始。最後に指導員全体の取合わせで33種類の野鳥を観察することが出来ました。
写 真 集

01  新型コロナ対策のため、一人ひとり 検査チェック。
共有のフィールドスコープを見るときのためにアクリル板も準備。

02  三密を避け、3班に分かれて観察会開始。双眼鏡は各自持参。今日はどんな鳥達にあえるのか?

03  ベンチの下にハクセキレイを発見。尾を振り振り。ベンチの下をいったりきたり。

04  良く目をこらすと、ハクセキレイが1羽2羽・・・黄色い胸は幼鳥。

05  梅林にはモグラ塚がいっぱい!一つひとつ目で追っていくと縄張りの範囲がわかります。

06  青空を飛んでいったのは小さめのタカ? 林をみるとムクドリの集団が・・・ゆっくり観察。

07  じっと目を凝らすと、カラ類の混群が! シジュウカラ・メジロ・コゲラ・・・

08  下田池は半分凍って、泳いでいるのやら、氷上をスケートしているオオバンたちも。

09  マガモ・オカヨシガモ・コガモ・オオバン・カイツブリ・カルガモ・・・オオタカ???

10  各班ごとに 鳥合わせ。いろいろな鳥たちの鳴き声と観察も出来て楽しかった。